弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

相続における遺言書作成のひな形

相続のために遺言書作成を行っておこうかと思われている方も、実際のひな形となる遺言書のサンプルがなければ、なかなか書き始められないと言えるのではないでしょうか。

もちろん、ベストなのは公証人役場に行って専門家の指導を受けながら遺言書を作成していくことですが、そこまでしなくても雛形となる遺言書のサンプルが手に入れば、なんとか書き始められるものです。

まあ、最終的には公証人役場に行って正式な遺言書を作成するにしても、その前に自分なりに遺言書の下書きを作成しておきたいという要望もあるでしょうし、それは良いことだとも言えます。

遺言書作成できる種類

遺言書作成はいくつかの種類で作成することができます。敷居が高いようにも思えますが、自身で費用をかけずに作成する方法もありますので、希望するものに剃ったかたちで作成するといいでしょう。

遺言書の種類としては自身で手軽に作成することのできる自筆証書遺言や、公正証書の形で作成し公証人役場で保管ができる公正証書遺言、遺言書を誰にも見られたくない場合に作成する秘密証書遺言などがあります。

それぞれにメリットデメリットがあり、三者三様になりますので自身で比較し決めていくことをおすすめします。作成に戸惑うような場合には、専門家に相談してもいいでしょう。

遺言書作成の作成をおこなう

遺言書作成をおこなう場合には、3つの方式から自分に適したものを選ばなければいけません。誰にも知られたくない場合には秘密証書遺言というものがあり、誰にも内容を知られたくない場合において採用される方式になります。

手軽に遺言書を作成したい場合には自筆証書遺言がおすすめです。費用などをかけることなく作成することができます。また、公正証書を遺言書として作成したい場合には、公証人の協力を得て公正証書遺言を作成することとなります。それぞれにデメリットやメリットが存在するので、自身に適した方法で作成することが大切になってくるでしょう。

遺言書作成をするべきか

遺言書作成をするべきか否かは、人によって意見は大きく違うでしょう。しかしながら、遺言書が作成されていることで残された遺族が救われるケースは数多くあります。精神的にも疲れてしまっていますので、遺産相続などの部分では心労を重ねないような配慮や工夫をしてあげることが良いでしょう。

遺言書には3つの種類があり、それぞれの方法は被相続人が行いたいと思うタイプのものを選択できますので、作成しやすいことがあげられるでしょう。書き直しをすることを何度でもできますので、まず手始めに一度、作成してみることがおすすめです。

遺言書作成をしてみよう

遺言書作成自体はそんなにむずかしいことではありません。しかしながら、人々の人生は常にライフステージや心情が変化していくことがあげられますので、その要素から考えると、遺言書を作成する事はむずかしいと言っていいでしょう。

そのように感じている人のために遺言書などの相談をしている機関や、専門家は数多くいますので、そのような人たちに相談してもいいでしょう。または、市販されている遺言書キットなどを利用し、まずは遺言書を作成してみてもいいでしょう。インターネットでは数多くの情報が掲載されていますので、合わせて利用することをおすすめします。

トラブルを防ぐための遺言書作成

相続に関するトラブルは数多くおこっています。自分たちには関係がないと思っていた家族でも、ひとたび相続が始まると相続人の間でもめてしまう事も多く出てくることになるのです。

そういったトラブルを防ぐために有効なのが遺言書作成です。亡くなった人がどのように相続してほしいと考えているか記しておくことで、争いを減らすことができます。しかし、内容や書き方などにルールがあり、それが守られていないと有効にならないこともあります。将来のトラブルを防ぐために残しておきたいと思うのであれば、専門家のアドバイスなども受けながら遺言書作成をしていきましょう。

遺言書作成について

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報