弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

相続のための遺言書作成をしたら弁護士などに預けよう

自分にもしものことがあった時のために、遺言書を準備しておく人はけっこういます。自分の遺産の相続のためのことが多いのですが、遺言書作成をしたら自宅に保管しておくのではなく、弁護士などに預けると良いでしょう。

なぜならば、自宅に保管していると、もし他の家族の誰かが見つけて遺言書を書き換えられることがあり得るからです。可能性は低いのですが、万が一のことがあってはいけないので、弁護士などに預けておくと安心です。

遺言書を読むのは、その預けた人という委任状をつけておくとさらに良いでしょう。自分の大切な遺産なので、自分の意図するように相続してもらいたいからやることです。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報