弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

裁判の可能性があれば認定司法書士に相談

もし、相談内容について裁判になってしまう可能性があるのであれば、認定司法書士に相談した方がいいかもしれませんね。実は認定司法書士に相談すると、すべてではありませんが、一部の裁判の代理人として活躍する事ができます。

まるで弁護士の様に法廷に立つ事ができます。離婚の様な問題でも時には裁判になる事もありますので、認定司法書士に相談しておくと、後で弁護士を探す必要もないですね。

遺言書を作成するだけ、というのであれば裁判の必要はないかと考えられますので、普通の司法書士に依頼をするのもいいと思います。依頼内容によって認定司法書士でないといけないかどうかという事をまず考える様にしたいですね。

司法書士がおこなう裁判業務

司法書士のなかに裁判業務があることを知っていますか?法律上のさまざまなトラブルが起こった場合において、裁判が執り行われる事は周知の事実ですが、その書類作成等を司法書士がおこなっています。

また、140万円以内であれば債務整理などの簡易裁判所での訴訟代理業務がおこなえるようになっています。法律が改正されたことによって、さまざまな業務を行えるようになりましたので、今後の更なる活躍が期待されています。事務所においては都心部を中心として数多くありますので、困った際には裁判に関わらず相談してみてもいいでしょう。

相続問題を司法書士に相談するメリット

相続関連で相談を請け負っている専門家は多くいますが、遺言執行者や遺言書作成を司法書士に依頼するとき、どのようなメリットを得られるのでしょうか。司法書士は各種手続きと書類作成などをメインの仕事としていて、特に不動産関連の分野を得意としています。

大抵の遺産相続では家屋や土地を扱いますので、彼らの助力を得れば、不動産財産の情報を正確に把握して、正しい遺言書を作成し、相続時の書類作成・手続きをスムーズに行うことができます。また、行政書士や税理士などのコネクションを持った方が多いため、相続税など不動産以外の問題でも、信頼できる専門家を紹介してもらうことが期待できます。

司法書士がおこなう商業登記

司法書士の名前は知っているけれども、具体的な業務内容は知らないという人も大勢いるのではないでしょうか。日々おこなっている業務の一つに商業登記があり、法人の経緯を法務局に登記することを言います。

商業登記をおこなっていくことで、法人がおこなっている内容を一般の人にも伝えることができ、取引の安全を維持していくものになります。司法書士については、商業登記においての書類作成や手続きの代理業務を担いおこなっています。商業登記の内容は複数あり、法人の内容に応じて申請をおこなう登記の種類などが決定されています。

司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士と聞いて、人によっては混同している人もいるかも知れません。混同されがちな法律家になりますが、専門の分野や業務はそれぞれあり、取り扱える内容も大きく異なってきます。

司法書士の業務ついては不動産における登記や供託の代理業務、法務局や裁判所、検察庁などに対しての法律的な提出書類の作成することが、主な業務になってきます。最近では140万円以内であれば、借金相談を取り扱えるようになりました。弁護士の業務については法律的なことであれば全般的に取り扱え、訴訟行為や法律事務が主な業務になります。

自己破産について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報