弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

間違いに注意しながら遺言書を作成する

遺言書を作成する工程において間違いが発生してしまうと、せっかく作ったのに意味がなくなってしまう事もあります。ですので、遺言書を作成するのであれば、間違いに注意する必要があります。

たとえば、一人で遺言書を作成する際に、印鑑を押し忘れてしまったり、日付が記載されていなかったりしただけで、意味がなくなってしまう事もあります。

慎重に遺言書作成する事は大事ですが、また完成したらそのままにするのではなくて、見直しをする様にしたいですね。遺言書の作成を法律家に頼んでいる場合には、その様な心配はする必要はないかと思われますが、すべて自分で行うのであれば、最後の確認まで自分で行わないといけません。

遺言書作成の持つ意味について

資産を持つ方にとって課題となりかねない遺言書作成は、正しく行われる事によってはじめて効力が発揮されます。遺産の引き渡し先となる相続人の指定や、遺産内容の明確化を図りたい時などにおいて、死後の意思表示が可能となる唯一の手段としても考えられており、様々な制度が存在する中でも比較的、効力の強いものとも言われています。

さらに、遺言書の作成方法にも複数の種類に分けられており、公証人や公証役場の存在が必要不可欠ともなるため、正しい手順や情報をしっかりと把握したうえで、問題のない遺言書を作成しておきたいものです。

遺言書作成は必ず行ってください

遺言書は亡くなった方が、残された家族に残せる最後のメッセージです。このメッセージによって、残された家族の仲が決まると言っても、過言ではありません。遺言書があるのかないのかでは、全然違いますのでどんなに少ない遺産でも、遺言書作成をしてしっかりと分配するようにしてください。

遺言書には法律で定められたルールがありますので、一つでも破っていると無効になってしまうことがありますので、遺言書作成をした場合は、弁護士に相談をして、有効な遺言書か確認するようにしてください。書き方なども教えてくれますので、しっかりと気持ちを伝えることが出来る、遺言書を作成することが出来ます。

遺言書作成には何種類かある

遺言書作成には種類があるのをご存じでしょうか?一つ目は全て自分で自筆する自筆遺言書、二つ目は専門家に代理で記載してもらう方法、三つ目は誰にもわからないように機密で作成する方法です。

三つ目の機密で作成する方法は、自分の遺産があった相続人に引き渡すという本来の目的からかなり離れてしまっているため、あまり取り入れる人はいないのですが、自分が死ぬまで誰にも知られたくないと言う人にとっては確実かつ安心な方法ではあります。一番多いのはいつでもすぐに記載することができる自筆遺言書ですが、こちらでのデメリットは無効になってしまうかもしれないということです。

複雑な遺言書作成なら専門家へ相談

終活をする上で、遺言書作成するケースが増えてきています。自分で遺言書を書くにあたって、記入上のルールを覚えておく必要があります。形式や記入方法など、心配な方は専門家に相談するのも良いでしょう。

行政書士や司法書士、弁護士などが相談に応じます。また少し複雑な相続や寄贈などがある場合は、あらかじめ弁護士へ相談しておくと良いでしょう。間違った記入の仕方では、無効になってしまう可能性もありますし、内容によっては遺族間同士でトラブルを招いてしまうこともあるので、注意したいものです。本来遺言書はトラブルを回避するために役立つものです。

遺言書作成時の注意点

自分の財産は自分で消費ができるのが原則です。しかし死後は相続をすることになる家族や親族が財産を引き継ぐことになります。生前自分に不利益なことばかりをしていた人には相続してほしくありません。

意思を示さない場合には法律の規定通りで相続されることになります。自分の意思を相続人に伝える為に最も有効な方法が遺言書作成をすることです。相続人は書かれている内容通りに手続きをしていかなければなりません。自分が考える方法で相続をさせたいのならば作成をする必要があります。高額な財産のみを指定して残りは相続人に任せる方法もあります。

遺言書作成について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報