弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

初めて行う相続手続き

今回が初めての相続手続きで、何をしていいか分からず戸惑っているという人もいるみたいですね。相続手続きは初めてでも、司法書士や弁護士、もしくは税理士が持つ法律の知識を借りる事で、意外にも簡単に済ませる事ができるかもしれませんね。

相続手続きにおいては、できるだけ家族全員で話をして、勝手に進めない様にするという事も円満に行う秘訣であるみたいです。相続手続きにあまり参加できない家族がいる場合には、メモや電話などを利用するなどして、相続手続きの際にその人の意見も含めて、できるだけ全員が参加する様にしたいですね。

全く連絡が取れない人についてもその人抜きで進めるとトラブルの原因になる事もあります。

相続手続きにおける重要点

資産を持つ方が亡くなった場合などにおいて、遺された家族へ遺産が引き継がれる際には、相続手続きが発生します。亡くなられた方の死亡届を提出する事から始まり、決められた期間内に正しい手続きを行う事が必要とされています。

相続人となる家族にとって、自分達でほとんどの手続きを行わなければならないという負担になる他、相続人が複数存在する場合などにおいては、様々なトラブルが巻き起こるケースも多く見受けられます。家庭裁判所や公証役場が介入される内容の手続きも存在している他、弁護士などの法律専門家へ相談されることもあります。

相続手続きをする前にしたおいた方がいいこと

相続手続きというのは、自分が思っているよりもたくさんあり、期限を守らければまずいというものもたくさんあります。市役所や、裁判所に提出するものもありますので、忘れていて、期限を過ぎてしまった場合権利がなくなってしまうことがほとんどです。

そういった事態を防ぐためにも相続手続きの前には、専門家に間に入ってもらうようにしましょう。弁護士や司法書士の方も、揉めてから間に入るよりも、揉めそうなところを避けて処理してくれますので、できれば始まる前に依頼してしまった方がより手続きがスムーズという点があります。電話相談などがありますので、そちらにひとまず聞いてみてはいかがでしょう?

節約できる相続手続きについて

相続手続きは自分たちで手続きしようと思えばできるものです。それなら専門家に相談する必要もありませんから費用もかかりません。できるだけ出費をしたくなければ、自分たちでやるのが一番です。

遺産分割協議書でさえ、サイトから印刷することもできますから、土地の名義変更も可能になります。相続財産も3,600万円を越えなければ、税理士も関係ありません。ですが、借金が多すぎたり、親族同士がもめだしたら、専門家に相談するしかありません。相続相談だけであれば、無料で対応してくれるので、まずはそこで相談してみることです。

家庭の事情で異なる相続手続き

相続手続きは、その家庭の事情によって必要な手続きもちがってきます。手続きにはおよその期限がありますが、注意したいのが相続放棄をする場合です。相続手続きが開始してから3ヶ月以内に行ってください。

ですがもしその前に、遺産を譲り受けていたり、遺産である土地を一部でも売却してしまっていた場合は、相続放棄はできなくなってしまうので注意しなければいけません。また生前借金があることがわかって、早々に相続放棄したいと思っても、手続き上生きている内は相続もまだ発生していないため、当然手続きもおこなうことができないものです。

相続手続きについて

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報