弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

司法書士の新人研修

司法書士の試験に合格したら新人研修を受けます。試験に合格するだけの力があるならば、難易度はそれ程高くはありません。欠席、遅刻がないように注意していれば問題ありません。

むしろ問題なのは、日数がかかるので仕事を辞めなくてはいけないことです。これは非常に不安です。 もしも急ぐ理由がないのならば、研修しながら就職が認められる法律事務所を探して、先に就職先を決めてしまう手があります。

もし、関西でお探しならば、司法書士大阪や司法書士奈良で調べてみてください。

法律事務所の中には、理解のある所もあるので、就職を決めてから受ければ、リスクと不安は回避できます。

ただし、研修中の給与については、無しになること位は覚悟しなくてはいけません。

司法書士の業務内容について

司法書士の業務内容については、知られているようで知られていない部分が多くあります。主な業務としては不動産登記や商業登記をあげることができます。他にも成年後見や債務整理の業務が認められていますので、依頼に剃っておこなうことができます。

ものによっては制限などがありますが、可能な範囲で対応をしてくれるでしょう。司法書士は弁護士に比べて、敷居が低いので手軽に相談することが可能でしょう。最近では借金相談もできるようになりましたので、業務の範囲は広くなっていることがあげられます。事務所については都心部を中心として広がっていますので、手軽に利用することができるでしょう。

司法書士がおこなう不動産登記

日常生活を過ごしていくなかで、司法書士を利用する機会はあまりありませんが、街の法律家としてさまざまな業務をおこなわれています。代表的な業務としては、不動産登記があげられます。

不動産登記は依頼人が所有する土地や不動産などの権利関係に変化があるケースにおいて、取引の安全性を図っていく制度になります。不動産の登記においては、書類作成をおこない手続きの申請などの業務を代行しています。不動産の登記については細かく分かれていていくつかありますが、法律家である司法書士であれば対応してくれますので、安心して依頼することができるでしょう。

司法書士がおこなう企業法務

司法書士がおこなう業務の一つに企業法務というものがあります。会社を経営していくなかで、さまざまな法律などの問題に対応していかなければなりません。企業に関しての法律は会社の不祥事や社会の背景によって改正されていきますので、企業にとって法律をも持っていく事は非常に大切なことであります。

大きな会社においては法務部などがありますが、小さな会社にとってそのような部署はなく、法律の知識に長けている司法書士が大きな頼りとなります。企業法務のコンサルタントとしての側面もありますので、今後の活躍がますます期待されるでしょう。

司法書士がおこなう成年後見

あまり知られていませんが、司法書士がおこなう仕事のなかに成年後見があります。認知症や精神に障害があるケースにおいて、正しく判断ができない場合があります。そのようなケースにおいて社会的にサーポートしていくのが成年後見の制度になります。

成年後見には、家庭裁判所が選任する「法定後見」と、本人自身が選任する「任意後見」に分けることができます。これからの日本においては、超高齢化社会になりますので、成年後見における制度は重要なものとなり、司法書士の役割がますます期待されるものとなっていくことが予想されます。

司法書士大阪は弁護士相談アシスト

自己破産について

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報