弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

書類の手続きだけでない自己破産

どんな人でも自己破産をしたいと希望する人が書類を提出すると、すぐにできるという簡単なものではありません。自己破産をするには最低限必要となる書類を用意する事はもちろんの事、さらに裁判所からなぜ自己破産をするのか理由を聞かれます。

なぜこんなに状況が深刻になってしまったのか、また他に方法がなかったか、など検討して仕方がなかったと思われる場合にのみ自己破産ができます。

この時点において、裁判所が本人の怠りでこの様な結果を招いたと判断した場合には、自己破産ができない場合もあります。ですので、お金の管理や扱いには普段の生活の中で十分に注意する必要があり、気軽に借金する人などは要注意ですね。

自己破産は簡単に行う事が出来ます

多重債務で困っている方の中に、自己破産を考えている方は多いと思います。そんな方は弁護士に借金相談を行ってください。弁護士が債務整理を行ってくれるので、破産宣告をせずに借金を返済することが出来るかもしれません。

破産宣告をしてしまうと、借金は全てなかったことにすることが出来ますが、ローンなどを組めなくなってしまうので、私生活に一定の制限がかかってしまいます。そのためまずは債務整理を行い、どうしても借金返済の目途が立たない場合のみ、破産宣告を行います。自己破産宣告は、弁護士が代理となって手続きを行ってくれるため、円滑に行う事が出来るのです。

自己破産は最後の砦です

多重債務で困っている方の為に、自己破産制度があります。破産宣告をすることによって、今までの借金を全てなかったことにすることが出来ます。破産宣告をすると、銀行などの金融機関からローンや借入を行う事が出来なくなったりと、私生活に一定の制限がかかってしまう場合もあります。

弁護士とよく相談をして、破産宣告をするのかを決めてください。過払い金請求などを行えば、借金が無くなったり借入れ期間を減らすことで、返済の目途が立ったりすることがありますので、自己破産宣告は最後の砦としておいておく弁護士が多いです。多重債務で困っている場合はすぐに弁護士に相談するようにしてください。

自己破産ってやると何かデメリットがあるの?

抱えている借金が0円になる、自己破産は「借金がすべて返済しなくても0円になるなんていいじゃないか!」と思う人も多いと思いますが、借りていたお金を返さなくてもいいということの裏側にはそれなりの代償があるのです。

まず基本的に20万円以上の価値があるものは没収されます。ですので、家や車を保持している人はそれらを差し押さえにあう可能性が非常に高いです。また家や車が差し押さえになるのは家族に内緒にしておくことがまず無理です。今まで秘密を通していた人も、きちんと話をする必要があります。また海外への渡航にも制限が出てきますので、海外出張が多い人は痛手ではないでしょうか。

借金に悩む時に考えたい自己破産

長年の借金に悩んで返済に困ってしまった際、一人で解決を目指す事は困難な状況に陥ってしまっているケースも多く見受けられます。弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談することによって、債務整理の手続きが進められることもあります。

借入先の金融機関へ交渉したり、裁判所からの判断を仰いだりしても返済の見通しが立たない場合には、自己破産の手続きが行われます。裁判所への申請によって、借金額が帳消しとなり、以降の収入も生活費などに充当させることができるようになります。個人信用情報機関へ情報が届けられるも、日常的に困る事はあまりありません。

自己破産について

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報