弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

交通事故の慰謝料は弁護士のサポートで大幅アップ

加害者側の担当者が示談の場で提示する交通事故慰謝料は、賠償金額をできるだけ抑えるために、安く算出される自賠責基準で計算されています。しかし、慰謝料の計算基準は他に任意保険と弁護士の2つの基準があり、自賠責基準よりも高く計算されます。

損害賠償の知識に乏しいと相手から示される金額で示談に応じてしまいがちですが、これでは金額面で大きく損をしてしまうので要注意です。

もしも交通事故の被害者になってしまったら、交通事故問題を得意とする弁護士の先生に相談をして示談交渉の代行を依頼することで請求できる慰謝料の金額がぐんと上がります。任意保険には、その相談費用を補てんするための特約も付いていますから安心です。

加害者になったときの交通事故慰謝料の支払い

交通事故の加害者になってしまった場合、相手に対して損害賠償や、交通事故慰謝料を支払わなければなりません。この支払については、まずは相手との示談交渉を行うことになります。

ただ、自分が保険に加入していれば保険金で対応することになるため、交渉は保険会社の社員が行ってくれます。通常は、ここで話がまとまることもありますが、相手が交渉に応じないこともあります。

そういった時は、交通事故慰謝料について相手から訴訟を起こされることになります。相手方は、直接保険会社だけを訴えることもあれば、加害者になった人も訴えることがあります。もし自分が訴えられたら、応訴しなくてはなりません。

交通事故の損賠償請求や交通事故慰謝料について

交通事故によって損害を負うと、加害者は被害者に対して損害賠償金と、交通事故慰謝料を支払う義務を負います。通常は、社会的接触関係がない私人間では、合意がないと法的義務を負うことはありませんが、民法では不法行為という条項で、不法行為によって相手に対して損害を与えた人は、損賠償請求、慰謝料請求に応じなければならないとしています。

したがって、被害者はこの民法の規定を基にして、相手に対して損害賠償請求と、交通事故慰謝料請求をすることができます。前者は負った物的、人的損害を填補する金銭で、後者は、精神的損害を填補する金銭です。

過去にも事故の被害にあった人の交通事故慰謝料の事例

パートで働いている主婦のDさんは、パートへの通院途中に事故にあってしまいました。怪我はそこまでひどくなかったのですが手のしびれが残ってしまったためパートはしばらく休業することになりました。

交通事故慰謝料を請求する際に弁護士に相談をし、まずは後遺障害等級の認定を受けようとした所、こちらは既に過去事故にあってしまっていることから、今回の事故だけが原因とは考えられないと却下されてしまいました。

しかし弁護士は諦めず治療内容が記載されている資料を細かく集めて主婦業とパート両方の賠償金を請求することに成功しました。こういった事例では弁護士の方がどのようにして交渉するのかが非常に大事になってきます。

事例にも注目したい交通事故慰謝料

交通事故が発生した場合、予想できない事例に直面することもあります。特に、被害者側として後遺障害が残ってしまった場合など、交通事故慰謝料の条件交渉についても慎重に進めていきたいものです。

加害者や保険会社からの条件提示が思うような内容でない場合、また交渉をスムーズに進めたい時や、より大きなトラブルを回避したい時など、弁護士などへ相談することも解決への近道となります。個人同士で交渉を行うことは可能であるものの、個人だけでは対処できない場面も多く見受けられます。法律に基づいた判断により、被害者として損をしない対策へも繋がります。

交通事故の相談について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報