弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

これから債務整理をしようとする人

返済が順調ではない場合に、これから債務整理をしようとする人もいるでしょう。その場合には、法律家の選択というのは債務者が行う最も大事な事だと言えるでしょう。

交通アクセスの良い大阪駅周辺で弁護士などの法律家を探すのも便利でいいですね。弁護士だけでも大阪で債務整理に携わる法律家は多くいます。債務整理を行ってもらう法律家が決定すれば、後は代わりに行ってもらうだけです。それまでが大事だと言えるでしょう。

過去に解決してきた案件や、費用、経歴などについて調べて決めたいという人もいる様ですね。また、法律家として高い能力を備えている人の中でも、特に債務整理の問題に強いかどうかという事も焦点になる様ですね。

債務整理は一番大きな方法を最後に回す

どの方法で債務整理を行いますかと聞かれた時、まず考えたいのは借金を一気に減らす方法です。一番大きな方法である自己破産を利用したいと考えてしまいますが、これは最後に回されます。

まずは減額することで対応できないかチェックされます。減額していることで大幅に変えられる部分があり、返済が容易にできるならそちらを利用した方がいいのです。自己破産を行ってしまえば、借金は全て消しされるのですが、その代わりに財産に該当するものがどんどん失われます。残せないものも生まれますので、安心できる方法を模索しているのです。

債務整理に取り掛かる時間も重要

これから自己破産を考えている方は、債務整理に時間がかかることを頭に入れて、思っていた以上に時間がかかると判断しておきましょう。意外なことですが、手続きが完了するまでには最低でも3ヶ月程度、長い場合は延々と待たされて1年くらいかかります。

ただ返済の義務は既に生じていません。担当している弁護士は、債権者に対して通知を送っており、債務整理に取り掛かることを告げています。この通知で返済はしなくてもいいので、借金を返済しなくても生活は可能です。後は行う方法をしっかりと考えて、最終的に自己破産が決定するのを待ちます。

自己破産は債務整理の中でも強烈な方法

強烈な方法を使えば、生活や人生は大きく変わることになります。自己破産の場合は、債務整理でも強力な方法として利用されていて、実際に大きな効果を持っているのは間違いありません。

使っている人は、生活の安定感を感じたり、人生の新しいスタートタイミングにしています。行う場合には、今後のことも考えたいものです。借金をゼロにしたからいいというわけではなく、残されているものの状況や、これからの生活についても考えます。債務整理は、今後の生活なども踏まえて考えなければ失敗もあり得ます。特に自己破産は影響が強いので気をつけてください。

2回目の債務整理は承認されるのか

返済困難になった借金の問題を解決する債務整理ですが、せっかく解決してもまた借金をして同じ轍を踏む人は数多く存在します。そんな人がもう一度、債務整理を行う事は可能なのでしょうか?

前回行った手続きによって結果が変わってきます。前回行ったのが任意整理か特定調停の場合、手続きを行う事は可能で、承認を得られる可能性も高いです。前回行ったのが個人再生の場合、前回から7年が経過していないと手続きを行えず、承認を得られる可能性は前回より低くなります。前回行ったのが自己破産の場合、前回から7年が経過していないと手続きを行えず、承認を得られる可能性は極めて低いです。いずれの場合も専門家の助力を得ると良いでしょう。

債務整理・過払いについて

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報