弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

ブラックリストの掲載が気になる過払い請求

きっと過払い請求をするに当たりブラックリストの掲載が気になるという人は多いと思います。過払い請求を行っても、現在においてはブラックリストに掲載される事はないと発言している法律家も多いみたいですね。

もし、過払い請求をしてもブラックリストに掲載される事がないのであれば、信用情報について気にする事なく過払い請求を行う事ができそうですね。ブラックリストについて自分の目で確認した事がある人はそう多くはないと思いますので、ブラックリストの実態については不明な部分も多い様ですね。

過払い請求を行う時には、手続きの流れについてはもちろん知っておいた方がいいですが、この様な気になる事も知った上で行いたいですね。

多重債務者は過払い請求の可能性を考慮するべきです。

過払い請求は、カードローンやキャッシングなどの借り入れにおいてグレーゾーン金利と呼ばれていた利息制限法の上限を超えていた金利による利息とされる過払い金を金融業者に対して返還を求める請求です。

特に長期にわたる債務者や多重債務者は、グレーゾーン金利による過払い金が発生している可能性が非常に高く、過払い金の返還によって借金の完済及び借金の総額の減額の可能性があるとされています。過払い請求は、原則として取引終了から10年間とされていますが、金融業者が倒産などで存在しない場合には過払い金の返還は不可能とされています。

多重債務者は過払いすべき

多重債務者は会社や消費者金融などの複数の場所から、借り入れをしている状態になりますので、一刻も早くそのような状態を改善していかなくてはいけません。そのような場合において、過払い金請求をするという方法があります。

過払い金請求はすでに支払いを終えている借金で、利息を払い過ぎてしまった場合において、債権者に対して返還を求めることができる方法です。お金が少しでも戻ってくるようであれば、そのほかの借金に当てることができますので、非常に有効な手段であることがあげられます。弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、すぐに対応してくれるでしょう。

多重債務者の場合でも過払い請求は可能

多重債務者であっても、過払い請求をする事は可能です。この制度については、数年前からテレビのCMや電車の中吊りなどで見かける機会がありましたので、多くの人に知られている方法でもあります。

しかしながら、実施自分が多重債務者になった場合に、このような手段を行えるかどうかはまた別の話しであります。敷居が高いようにも思えますが、決断することで過去に払いすぎた利息を取り戻すことができますので、このような手段を利用することが最善の方法になるでしょう。特に現在他の貸金業者でも借金しているようであれば、少しでも返済にあてた方がいいでしょう。

多重債務状態での過払い

多重債務状態での過払い金請求はおこなった方がいいでしょう。返済することに一生懸命になってしまっていると、そのようなことを見落としがちですが、自分が過去に払いすぎてしまったお金を取り戻す事は当然の権利であることがあげられ、取り戻したお金で他の借金の返済に回すことができますので、非常に有効な手立てであることがわかります。

個人で請求をおこなうこともできますが専門とする知識が必要になります。法律家においては個人情報をしっかりと保護してくれますので、他の人に伝わることもなく安心して請求をおこなうこともできます。

過払い請求は弁護士に

日本は言わずと知れた法が支配する国になります。過払い請求といのは法的に債権と言う法的権利に該当してこの権利に関しては権利行使期間(時効と法的に言う)が民法典に定められています。当該権利は債権で、債権は人に対する請求権なので過払い金を返還するのには権利者が相手方に請求しないといけません。

この請求期間は、過払い金を最後に借り入れや返済を行った日から10年になります。当該権利の事は細かな事実の確認が必要でその事実によって法的効果の存否が決まります。この様な事を法律の素人が対応するのは大変ですので過払い請求において法律のエキスパートの弁護士に相談するのがベストです。

債務整理・過払いについて

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報