弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

遺言書作成をしていない時には

もし遺言書作成をしていない時にはどうなるのでしょうか。遺言書作成をしていない時には法律によって分割される事になります。しかし、不動産などはどのままでは複数の人に相続する事ができないので、困る事もあると思います。

この様に法律だけではすべてのケースについて対応できない部分もあり、自分達の話合いが必要になる事もあると思います。家族一人一人の意見が入るとトラブルの原因になる事もあります。そう考えると遺言書作成の必要性は高いと思います。

遺言書作成の重要性について認識し、行動に移したいですね。法律家の知識を活かす事で、遺言書作成はさほど難しくなく、簡単に行う事ができると思います。

遺言書作成の注意点は?

遺言書作成の注意点はいくつかありますが、中でも特に重要な点が遺留分を考慮する事です。遺留分は民法上、相続時に財産を取得する事ができる権利をその割合を言います。遺留分では遺言より優先して財産を取得できるとされている為、これを考慮していないと相続時に遺言に沿った遺産分割とならず、争いが起きる可能性が高くなります。

その為、遺産全体の2分の1、あるいは相続人が直系尊属の場合は3分の1を法定相続分で分割した金額を超えるような遺産分割を遺言書に記載する事は避けた方が懸命です。なお、遺留分は放棄させた上で遺言書を作成すれば、こうした争いは発生しません。

遺言書作成にはルールがある

自分で遺言書作成しようと思ったのはいいですが、決まりなどはあるのだろうか?と疑問に思うこともあるかと思います。実は自分で遺言書を作成する時には思っている以上に沢山の決まりがあり、それらが一つでも守れていない場合にはその遺言書は無効になってしまいます。

必ず守らなければならないルールからご説明します。①全て自筆であること②日付を入れること③署名を入れることです。自分で遺言書作成を行う場合には一切のワープロ類での作成は認められていません。ある部分だけパソコンを使用したいと思った場合も使用は不可です。最初から最後まで自分の字で作成します。

遺言書作成で気を付けること

遺言書は、生前に書き残しておく最期の手紙です。自分への区切りとして、家族への想いを書き連ねるものとして、友人への感謝を述べるものとしてもいいでしょう。相続に関する事項を記載するなら、法的な文書になりますので、ルールに則った書き方をする必要があります。

ルールに反すると、遺言書自体が無効になるので注意が必要です。遺言書作成に精通した弁護士に相談すると、依頼費用はかかりますが確実です。また遺言書が見つからないと、せっかくのメッセージも伝わらないことがあります。家族が見つけてくれそうな場所、安全な金庫に入れて保管すると問題ないでしょう。

遺言書作成の形式について

遺言書作成の形式については何種類かあり、公証役場の公証人に書面にしてもらう公正証書遺言や、自身で作成する自筆証書遺言、秘密に作成する秘密証書遺言などはあります。これらの方法は遺言者が自由に作成することができますので、都合に合わせて作成することでしょう。

しかしながら、分かりづらい内容な不当な内容であった場合には、せっかく作成しても向こうになる可能性がありますので、注意しなければなりません。遺言者作成について不安な点があるようであれば、公証人のチェックが入る公正証書遺言で作成することをおすすめします。

遺言書作成を大阪でならここ。

遺言書作成について

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報