弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

なるべく安い費用で過払いがしたい

きっと多くの人は安い費用で過払いがしたいと考えている事でしょう。確かに法律費用というのは高そうなイメージもありますので、安い費用で過払いができればいいと考えるのも無理はないと思います。

しかし、過払いの費用については、目先の利益だけではなくて、もっと先の事について考えてみてはどうでしょうか。多少費用はかかっても、過払いで多く戻ってくると、最終的にそれほど負担にならない可能性もあります。

過払いを行ってくれる法律事務所はたくさんありますが、一概に相談料が高いとは言えないかもしれませんね。しかし、相談料が高いから優秀な法律家であるという事は言いきれませんので難しい部分もあるでしょう。

多重債務者なら覚えておきたい!過払い請求の流れ!

過払い請求は、消費者金融などから借り入れた際の金利が利息制限法の上限を超えていた場合に、その超えたグレーゾーンの利息を取り戻す事を言い、多重債務者などが借金を減らす為の有効な手段と言えます。

過払い請求をする際の流れは、まず金融業者から取引履歴を取り寄せます。そしてグレーゾーン金利を法定金利で引き直し計算を行い、算出した過払い金を金融業者へ請求します。

後は、金融業者と返還交渉を行って過払い金を取り戻します。なお、返還に応じない場合は、裁判所へ過払い金返還請求訴訟を起こします。同時に返還額について和解交渉を行えると良いでしょう。もちろん、弁護士や司法書士の協力があった方がスムーズに行えます。

多重債務で苦しい方は過払い請求を調べましょう

2007年以前から多重債務で苦しんでいる人は過払い請求できるかもしれません。それはこの年より以前は定められた金利よりも高い金利でお金を貸している業者が多かったからです。それまでお金を返済してきたあなたは、違法な金利を払わされていたということになります。

過払い請求は完済がしてから10年以内であれば行うことができますし、弁護士に相談すればその有無を無料で調べてくれるところもあります。現在返済中の人でもブラックリストに名前が載る心配はありませんし、もし間違ってのってしまっても手続きをすれば消すことができます。

過払い請求と多重債務の関係

消費者金融やクレジット会社等からお金を借りて長期間返済している場合、利息を払いすぎている可能性があります。多くの貸金業者が、利息制限法の上限を超えるグレーゾーン金利で貸付を行っていた時代があるからです。

自分が支払った利息と、利息制限法に照らして計算した利息に差額がある場合、過払い請求で取り戻すことができます。過払い請求で大事になるのは、貸金業者と取引をしていた時期です。1件の借金を返済するため、新たに別の借金をしてしまった多重債務者のケースは、長期間返済をしているため、過払いが発生している可能性が高いと言えます。

多重債務と過払い請求。

たくさんの金融機関か消費者金融などから借金をしていると多重債務になり、それぞれの会社の返済期限に合わせて借金を返済しなければならないので、常に借金の返済をしている気分になります。このように、返済ばかりを続けていると、自分がどれだけ借金を返済しているかを整理することができなくなり、借金を過払いしていることも把握できなくなります。

債務整理専門の弁護士や司法書士などは、借金問題のエキスパートなので、金利計算なども手軽に教えてくれるので非常に頼りになります。相談料金が無料の弁護士事務所などもあるので、一度相談すると過払い請求をしてくれます。

債務整理・過払いについて

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報