弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

交通事故の慰謝料計算は弁護士基準の計算方法で

交通事故に遭いその被害者となりますと、加害者に対して交通事故の傷害慰謝料等を含めた損害賠償金を請求することが出来ます。その際、加害者側が加入している保険会社との交渉となりますが、保険会社は最低限の基準である自賠責保険の計算方法を基にして慰謝料等を算出してきます。

しかし、弁護士が裁判で使用する弁護士基準の計算方法(これまでの裁判例などを参考にした計算方法)を用いれば、自賠責基準以上の慰謝料が算出されるのです。

ですから、被害者となってしまった場合には、この計算方法により損害賠償金を算出してもらうように保険会社とやり取りする必要があります。

交通事故慰謝料についての後遺障害の事例について

後遺障害の慰謝料の支払基準においては、細かく基準が定められていますし、定められた等級によって支払われる金額は変わってきます。しかしながら等級があがればあげるほどに、日常生活への支障はきたしてしまいますので、非常に大変なことだと言えます。

交通事故慰謝料をもらう場合には、初めの段階ですぐに和解するのではなく、交通事故を得意とする弁護士や、機関の人にヒアリングをし、相場を知った上で和解に応じることです。弁護士事務所においては多くの事例を持っていますので、納得のいく方法を導くことが可能になると言えます。

利用しやすい相談で交通事故慰謝料に対応

交通事故で怪我を追わされ通院が長引くと、ある日加害者側の保険会社から、治療の打ちきりをされてしまうケースがあるといいます。だからといって、症状がでているのに、通院を中断してしまってはいけません。

後で、後遺障害が残ってしまっても、通院回数がすくなければ、適正な交通事故慰謝料が少なくなってしまいます。交通事故専門弁護士なら、今後のアドバイスもしっかり行ってくれますし、後遺症害認定を申請した後も納得できない場合は、親身になって対応してくれます。交通事故に関しては相談料に費用はかかりませんし、体調が悪ければ、直接自宅へ出向き相談にのってくれる、弁護士事務所もあります。

相談がカギとなる交通事故慰謝料

交通事故における交通事故慰謝料には、様々な症状が対象として含まれます。特に短期間で治療が可能な怪我だけでなく、後遺障害が残ってしまった場合にも、条件交渉は慎重に行いたいものです。

被害者として損をしないような条件が求められることはもちろん、より大きなトラブルを抱える事は避けたいものです。個人同士での話し合いには保険会社が介入するものの、スムーズに行われないケースもあり、弁護士などの専門家へ相談することが解決策に繋がる場合もあります。的確かつ客観的な判断を求める事ができるため、被害者への救済ともなります。

交通事故慰謝料における事例や被害者請求について

交通事故にあった被害者が、後遺障害の認定を受けたい場合には、被害者請求などの方法がある。加害者側の保険会社が行なって行く事前認定の制度に比べると、被害者が申請の主体となりますので、手間やお金がかかりますが、認定結果が有利な方向に動くと言われています。

被害者請求の具体的な方法としては、医師の発行した後遺障害診断書や保険金請求書などの必要な書類を郵送します。郵送で提出するだけなので便利な方法とも言えます。このような手続きに不安のある人は弁護士に依頼する事をお勧めします。弁護士であれば、交通事故慰謝料の引き上げや事例に対して、相場も熟知していますので、困る事はありません。

交通事故の相談について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報