弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

交通事故の不明な事は弁護士相談を

相手側が提示してきた示談金やもしくは慰謝料が高額であるのか、また適度であるのか、という事は判断しにくい事もあるでしょう。

なぜ、そんなに高額な費用になるのか納得できなくて、悔しい思いをしているという人はいませんか。細かい内訳などの説明を聞いて納得できればいいですが、ややこしい事もあるかと思います。そこで、交通事故の不明な事は弁護士相談を通して尋ねてみてはどうでしょう。

交通事故が発生した時には保険会社などとやり取りを行う事もありますが、その際には弁護士相談を利用する人は少なくないみたいです。

分からない事があった時などは、質問する様にしたいですね。自分でも内容を理解したいですね。

交通事故相談を確実かつ速やかに行うべき理由

交通事故に遭った、あるいは自分が引き起こしてしまった場合、当事者同士の生命の心配をするのはもちろんのこと、事故後の処理についてもしっかりと話し合わなければなりません。ただ、過失の割合はどれくらいかとか、慰謝料や賠償金はどれくらいになるかなど、当事者同士の話し合いではなかなか解決しにくいことが多いです。

そこで、弁護士などの専門家に交通事故相談を行うことが効果的となります。特にむちうちなど、医療費の金額が不安定である場合や、過失の割合が曖昧な場合などでも、第三者の立場から客観的に解決まで導いてくれます。

慰謝料や賠償金などの交通事故相談

交通事故に遭って被害者になった場合は、加害者に対して賠償金を請求することが出来るのですが、専門知識を備えていない場合は損をしてしまうということが起こりがちです。この様な事態を防ぐためには、専門家に交通事故相談を行うのが適当な方法です。

ちなみに、損害賠償にはむちうちなどのケガによる人身損害に対するものと、物的損害に関するものの2種類があります。この内で前者の人身損害は、完治した場合・後遺症が残ってしまった場合・死亡してしまった場合に分かれており、それぞれに相場や規定があります。このために、これを大きく逸脱した慰謝料の請求は出来ません。

弁護士と交通事故相談

交通事故の被害者となったのであれば、相手に損害賠償金や慰謝料を求めることが可能です。しかし、その具体的な手続きについては、たいていの場合、契約をしている自動車保険を取り扱っている損害保険会社を通じたものとなりますので、便利である反面、本人の意向が十分に反映されないことも多いといえます。

誰が見ても明らかな外傷は別として、むちうちのように交通事故との因果関係の証明が難しい症状については、認定が受けられないという可能性すらあるものです。こうした場合、弁護士の交通事故相談を活用するなどして、法的な側面からアドバイスを得ることが、問題の解決には最善であることがあります。

車側が被害者になる事も、そんな時こそ交通事故相談へ

一般論として車側は加害者、歩行者は被害者だと考えられています。実際には赤信号で高齢者が突然道路を横断して、交通事故が起きる事も多く、交通法規を真面目に守っていたドライバーが被害者になる事例があります。

交通法規を無視した高齢者と接触してしまった、こんな場合は迅速に交通事故相談に行きましょう。弁護士の方に助けてもらうのが一番であり、ドライバー側の正当性を正しく法律家と一緒にPRしなければいけません。

また急な飛び出しに対して、急ブレーキをかけたらドライバー側が衝撃でむちうちになっているかもしれませんので、その場合は車側でも慰謝料請求権が生まれます。賠償金を受け取れるのは何も歩行者だけではありません。

交通事故の相談について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報