弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

スキルのある弁護士に過払い請求を依頼

弁護士など過払い請求をこれまでに数多く行ってきた人が、金融機関に対して支払いを求めた場合であってもすべて回収する事ができるかどうかというのは、実際にやってみないとわからない事もある様です。

しかし、経験の豊富な弁護士であれば、普段からいろんな金融機関とやり取りを行っていますので、顧客から相談を受けた時に、すぐに対応してくれそうな所であるのか、またはなかなか対応してもらえなさそうか、というおおまかな事であれば経験から把握している弁護士もいるみたいですね。

できる事なら少しでも多くのお金を回収したいですね。スキルのある弁護士に過払い請求をお願いする事が回収する近道かもしれませんね。

弁護士に過払い請求を考える方へ

弁護士に過払い金請求を考える方が増えています。生活状況の変化や、不況による倒産や失業により、生活が圧迫され、自分でも気がつかずに返済不能な状態に追い込まれる方が増えています。債務整理を検討する場合も、費用面の捻出が難しく、法律事務所へ相談が出来ない方が増えています。

残債の整理を実施する場合には、過払い請求を弁護士さんが債権者に請求してくれます。どこの法律事務所も無料で相談を実施してくれますので、実際に残債の整理にかかった費用面については、返還されてきた過払い金で充当していくこともできます。債務の返済に悩む方は、信頼できる法律事務所に相談して、早期に生活の再建を検討していくのが良いでしょう。

過払い請求対策を弁護士に依頼

不当な金利による過払い請求を行なう場合には、弁護士に対策を依頼する方法が有効です。弁護士に対策を依頼するのが有効な理由は、これらの手続きを行なう場合には法律的な知識や対策が必要になるからです。

借入時期や金額により返還が認められる金額がそれぞれ異なるので、対策を依頼する場合は依頼費用や返還される金額の見込みなどを相談して必要な情報を得る事が必要になります。

相談を行なう際にはどの金融機関からいつごろ、どのくらいの金額を借り入れたかその時の契約内容はどうなっていたかを客観的に示す書類等などを揃えておくと話を円滑に進める事が出来ます。

過払い請求を弁護士に行うメリット

過払い請求は本人でも行えますが、法律に詳しく無い人が貸金業者と交渉すると不利益を被る事が有ります。例えば、当該請求を行う際に書面で交渉の結果を記載して署名捺印を行ってしまう場合があります。

当該書面が法的な和解書に該当してしまう場合があります。当該書面に清算条項という項目があると貸金業者は今後一切の過払い金に関しての返還義務は無いと主張する場合も有ります。

法的な和解は今後当該和解内容で法的トラブルは解決したとも考えられるからです。従って、下手に相手方と交渉してしまっては不利益を被る事があります。この様な不利益を被らない為に弁護士に委任するのが最善です。 

多重債務を解消した後は過払い請求をしてみよう

債務整理によって多重債務を解消した後は、弁護士や司法書士に代理人になってもらって過払い請求をし、多く支払いすぎた利息を取り戻すと良いです。債務がなくなった直後は生活基盤の再建をするためにいくらかお金が必要となるため、過払い金を取り戻すことができれば、再建にかかる費用の足しにすることができます。

通常、弁護士や司法書士に何らかの依頼をするときは、着手金や成功報酬といったお金を支払わなければなりません。しかし、過払い請求については、費用の支払いは過払い金を取り戻すことができた場合のみ発生するので、依頼するお金が手元に無い場合でも安心して相談および依頼をすることができます。

債務整理・過払いについて

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報