弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

返済した過払い金で借金の債務整理

過払い金がたくさん発生している人は、返済した過払い金で借金の債務整理を行なう事ができます。

そして、残った分で弁護士や司法書士の相談料などの支払いを行なう事ができます。それでも残った場合は自分の所に戻ってきます。

借金などの返済が終了していても、後で過払い金の返済を行なう事ができます。しかし、過払い金にも時効がありますので、過払い金の返済手続きは早めに行なう事をオススメします。

また、金融期間が破綻してしまった場合など、過払い金が返済してもらえないこともありますので、やはり早めに処理を行なった方がいいでしょう。

過払い請求は借金相談を繰り返して

本当に発生しているかどうかは、最終的に弁護士などに確認してもらい、その上で過払いを計算してもらいます。合計した時に、どれくらいの金額が生まれているかをチェックして、最終的な過払い請求に活かします。

かなり多くの金額が生じている場合は、弁護士に依頼を変更するなどして、しっかり回収できる仕組みを作ります。借金相談をしていないと、過払い請求の手続きまで持っていけないので、しっかりと相談を行ってください。相談していないのに請求できるという状況はありませんし、確認したいと思っている時間を考えると、相談をしないと無理な点は多いです。

地域の借金相談で過払い請求を行う

出張相談により、なかなか相談できずに困っていた人が借金相談を行えるようになりました。多くの人が対応できるようになり、全国に展開している事務所にお願いして過払い請求を行えるようになったのです。

どこにある弁護士に相談しても、過払い請求には影響がありません。ネット上で相談などは自由に行なえますし、手続きをしてもらった後も郵送などで対応したり、電話で連絡をとりあうようにしていれば問題ないのです。借金相談を全国規模で行っているのは、出来る限り相談した方がいいと示す狙いもありますが、依頼を出しやすくしている部分もあります。

過払い請求はどのくらいの期間がかかるのか

過払い請求を行なってから実際にお金が返ってくるまで、どの程度の期間を要するのでしょうか。業者との和解に成功した場合だと、およそ1ヶ月から3ヶ月程度かかります。ちなみに専門家に依頼せず素人が個人で行う場合、交渉に時間がかかるため3ヶ月から6ヶ月程度はかかるようです。

業者との和解が成立せずに訴訟となった場合、およそ6ヶ月から1年程度の時間がかかってしまいます。訴訟になってしまった場合は、素人が裁判をするのは無理ですので、専門家に依頼するより他ありません。過払い金が高額であればあるほど訴訟になるケースが多いですので、依頼料を気にするよりも最初から専門家に借金相談したほうが無難でしょう。

過払い請求にはどのくらいの費用がかかるのか

借金相談を法律事務所にして過払い請求をする場合、過払い金を回収するまでにいくら費用がかかるのでしょう。まず過払い金の有無を調べるのは各社無料です。次に請求手続きの着手金が必要となります。

これの平均相場は0円から2万円程度です。なぜ着手金が必要かというと、手続きから回収まではおよそ3ヶ月、訴訟になると6ヶ月以上かかることもあり、稀に回収失敗することもあります。専門家も長期間の無償労働は避けたいので、着手金が必要になるのですね。過払い金の回収に成功すると、成功報酬として2万円から3万円程度支払います。そのうえで別途、過払い報酬として回収した金額の20パーセント程度を支払います。

債務整理・過払いについて

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報