弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

市川市で弁護士無料相談!

企業や個人にかかわらず、世には多くのトラブルがあります。 交通事故や労働問題、離婚、ネット上での誹謗中傷など、さまざまな被害にあうリスクは否定できません。 そんなとき、当事者間での協議でも埒があかない場合は、最終的には法律にのっとって解決されることとなります。 それが裁判なのです。

ただ、法律の専門家でない人が裁判に臨むのは、現実には極めて困難であると言えましょう。 法律の知識もありませんし、時間もありません。 そのために弁護士に代理人を依頼することが多くなっているのです。 ただし、高額な料金を負担しなければならないのは、周知のとおりです。 なお、最近は、無料相談を受ける法律事務所が目立ってきました。 市川市にもそういった法律事務所があります。

相談料を受け取らなくても、もし正式な依頼を受けることができれば、ビジネスとしてもしっかりペイするものです。 弁護士というのは個人事業主ですので、仕事は自分で確保していかなければなりません。 そこで、費用がかからないことをアピールして法律相談会を行い、クライアントとの接点を持っていこうとしているのです。 トラブルも持っている人は、軽い気持ちで参加できるというメリットがあります。 もちろん、その弁護士の専門分野以外の案件についての相談をした場合は、詳細にわたっての回答は得られないかもしれませんが、大まかな方向性は把握できるに違いありません。

市川市の女性弁護士について

市川市には女性弁護士が多数在籍している法律事務所があります。現在は離婚問題やDV、ストーカー被害が増えている状況で、男性には相談にしくい事もあります。このような問題も気軽に相談できるメリットがあります。もちろん、各分野に精通している方が相談に対応しているので安心して依頼する事が出来ます。

また、離婚問題やストーカー被害の他にもセクハラやパワハラ、子供の虐待など、幅広く対応しています。講演会で講師をしたり、幅広く活躍されている弁護士もいらっしゃいます。

もちろん、交通事故や相続問題、金銭トラブルなど、身近な問題を相談する事も出来ます。まずは相談をして依頼するかどうか検討する事も可能です。 問題に対していくつか解決方法をアドバイスして貰えます。もちろん、費用の説明をしていますし、依頼する時の不安を解消する事も出来ます。

また、女性の方を希望するなら弁護士を指名できる法律事務所を紹介して貰うといいでしょう。経済的に余裕がなくて費用に心配がある方、平日の営業時間中に予約を入れるのが難しい方にも親身になって対応しています。ですから、何か困っている問題があり、家族や友人には相談できないと悩んでいるなら一度、相談だけでも予約して話を聞くのがお勧めです。

市川市で任意整理が得意な弁護士について

任意整理は気軽に行える債務整理と言われており、債務整理に対応している法律事務所ならどこでも問題なく行えるはずです。 市川で借金問題を解決したいなら、140万円を超える借金の整理も可能な弁護士に相談するのがおすすめです。 司法書士の場合は140万円を超える案件については対応できないため、最初から弁護士に任せたほうがよいでしょう。

任意整理は裁判所への申し立てが不要であり、官報や破産者名簿に掲載されることもありません。 ブラックにはなりますが利息をゼロにできるメリットは絶大で、キャッシングやカードローンの整理方法としてよく用いられます。 過払い金請求と並行していく場合も多く、回収額が多ければ弁護士報酬は実質0円になることもあります。 他の債務整理よりも費用が安く、債権者が同意してくれる可能性も高いのもメリットです。

債務整理全般は自分で行おうとしてもうまくいきません。 債権者との交渉では借り手が不利になってしまうからです。 金利の引き下げ交渉、毎月の返済の減額などの交渉をしても却下されることが多いため、最後は専門家に相談して解決しましょう。 すでに返済が延滞している、完済する見通しが立っていない、という状況なら法律事務所に相談してください。

市川市の弁護士の費用相場とは

日常においてのトラブルでどうしても解決できない時には、弁護士に相談してみると突破口が開けるかもしれません。或いは借金問題で支払いが不可能になった場合にも、早めに処理をしてもらう方が気持ち的にも楽になります。

市川市では市役所自体が無料法律相談を提供もしていますが、街の法律事務所も良心的な所が多いです。初回1時間は無料相談を実施している事務所も少なくなく、費用の発生でも1時間5,000円位が妥当と言ったところです。案件によりますが、借金をしたものの返せなくなったがマイホームは残したいというケースに返済額を裁判所を通して圧縮してもらう個人再生では20~30万円、全額免除の自己破産では30万円ぐらいが費用相場です。

保険や相続、慰謝料などの経済的利益を伴うものは予想利益が300万円以下なら8%前後の費用となります。初めに依頼する着手金と呼ばれるものは案件によってケースバイケースなので、後でもめる事のないように疑問に感じたことは何でも尋ねてみる方がベターです。どの弁護士に頼むのが良いのか迷った時には、弁護士法人と言う大勢で組んでそれぞれ得意分野を持っているような事務所に相談してみるのもお薦めです。

相談してよかった市川市の弁護士とは

千葉県市川市ではいくつも法律事務所があり、弁護士か法律相談に乗る事が可能となっています。その中でも相談してよかったと考えられる弁護士にはいくつか特徴があります。 まず一番大切な条件は問題を適切に解決したか、もしくは解決までの道筋を付けてくれたかどうかです。法律の専門家であればか必ず解決のための道筋を示さなければいけません。しかも法律の知識がない人や知的障害や精神障害などがある人に対しても分かるように説明するのが最初の条件になります。

次の条件ですが対応する際の接客の力も大切になります。弁護士とは普段接する機会が少ない職業であり、なおかつ仕切りが高い職業でもあります。そのため初めて話をする際には緊張してしまい結局何も話せないことがあります。良い法律の専門家であればその点を察して自分から歩み寄ります。その結果として最後には依頼者が専門家に対して親しみを感じるのようになります。

最後に料金面も大切な条件となります。法律に関する専門家に依頼すると高い料金が必要になりますが、良心的な法律事務所だと分割払いとしてもらえます。電話やインターネットの公式サイトなどで事前に受任した場合の支払い方法などを確認しておく必要があります。

市川市の弁護士を紹介してもらう方法

千葉県市川市で法律事務所に所属する弁護士を紹介してもらう方法ですが、一番オーソドックスな方法は千葉県弁護士会に法律相談をした上で相談内容に応じて適切な専門家を紹介してもらう事が可能です。その際には弁護士会に対して法律相談の相談料が必要になります。相談料は相談内容にもよりますが、30分で5000円程度の場合がほとんどです。

こちら以外にも法テラスに相談する方法もあります。法テラスだと民事関係の事件を取り扱っており、法テラスの事務所に勤務している専門家が相談に乗ることも可能ですし、法テラスの事務所が居住地から遠くてなかなか通所が難しい場合には法テラスに登録している専門家を手配してもらうことも可能です。

法テラスの専門家が依頼者の自宅まで出向いて法律相談を行う場合もあります。その場合のお金は無料となっています。相談料はその人の所得にもよりますが、基本的には3回までであれば法律相談が無料となっています。実際に事件として受任して対応して対応してもらう場合には専門家に支払う費用が必要になりますが、そちらの費用は法テラスが一旦立て替えてた上で分割払いとなるので、専門家の支払いに関しては心配する必要はありません。

市川弁護士は弁護士法人リーガルプラス。

市川市で民事事件にかかる費用の相場とは

弁護士の報酬は自由化されているため、市川市で民事事件にかかる費用の相場、というものはありません。そして、単純に民事事件といっても、それはいろいろな案件がありますし、難易度や複雑さなども異なります。そのため、具体的にどれくらいの費用で仕事を請け負っているかは、法律事務所に問い合わせて確認するしかありません。基本的に、相談は相談料が採られますが、初回無料で相談しているところもあります。

仕事を受任する際には、着手金を支払うことになります。ただしこちらも、完全出来高制で事件を請け負っていることもあります。つまり、受任した仕事を成功させた場合に、成功報酬としてあとで支払うことができる方法です。これは、勝訴の見込みがあり、回収の見込みがある案件の場合に利用できることがあります。依頼者にとっては、手元の資金がなくても依頼できるメリットがありますし、弁護士からしてみれば、本来なら費用がなくて依頼することがなかった人からの需要を確保できるというメリットがあります。

その他、実費も負担しなくてはなりません。手続きに必要な費用や、弁護士の交通費などです。いくらかかるかホームページに記載しているところもありますので、参考にしてみてください。

市川市で家事事件にかかる費用の相場とは

家事事件とは、家庭内で起こる事件の総称のことを指し、家庭内暴力や相続などがこれにあてはまります。家庭間で起こる問題ゆえ、一般で行われる訴訟の形式をとらずに非公開で審理されるのが、大きな特徴と言えます。また、取り扱う事件によっては審判と調停の種類に分かれ、事件の解明に向けた配慮がなされています。

市川市の法律事務所にて、法律の専門家に依頼する場合、弁護士費用が発生します。費用の内訳には、大きく分けて着手金と報酬金の2種類があります。着手金は、受任する際に受け取る費用のことで、事件の対象となる経済的利益の8%にあたります。

そして、事務処理結果の成功に応じて受け取る費用を報酬金と言い、委任事務処理の10%にあたる金額が目安となっています。ただし、着手金と報酬金はともに、10万円を最低額・30万円を上限額と定められています。よって、実費・出頭日当などを計算に入れると、最低でも弁護士費用は30万円以上はかかります。

なお、これらの費用はあくまでも目安で、家事事件に開けた法律事務所を探すことで費用を抑えることも可能です。近年では、弁護士に関するサイトが開設されており、費用面の相談に応じてくれる事務所も見つけやすくなっています。

弁護士に関する記事

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報