弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

交通事故の状況を把握

警察と救急車を呼ぶだけではなく、交通事故の状況を詳しく把握する様にしましょう。

今では多くの人が携帯電話を持ち歩いていますので、交通事故の状況が証拠として分かる様に撮影しておくといいでしょう。

また、相手の車のナンバーを把握しておいたり、話をして相手の名前や連絡先など基本的な事を尋ねておきましょう。後で連絡が取れなくなって困るという事もあります。

もし周辺に目撃した人がいれば、話しを聞いておくといいでしょう。

時には、目撃者は証人となる事もあります。法的な手段で解決するとなった場合、この様に第三者が見ても分かる様な証拠があるのとないのとでは、若干異なる場合があります。

交通事故弁護士に後遺障害に関する法律問題を相談するメリット

後遺障害を交通事故の被害によって受けてしまった時に、加害者に対して慰謝料や損害賠償を請求することになるでしょう。これ自体は民法で認められている権利であるため、被害者自らが主張をしていくことも可能です。

しかし、加害者が任意に交渉に応じてくれない場合や、示談の額を渋る場合などは、裁判で争っていかなくてはなりません。裁判では、いくら権利があったとしても、それを的確に主張立証していかなければ負けてしまいます。そこで、裁判も見据えて相手に対してしえ球をしたいのであれば、交通事故弁護士に頼るのがベストです。自分一人で対処するよりも確実に良い結果へと導いてくれます。

交通事故弁護士は交通事故の後遺障害についても詳しい

交通事故弁護士は、交通事故の後遺障害についても詳しいです。慰謝料を請求するとしてどれくらいの額を請求できるのか、裁判になったときにどの程度の勝訴の見込みがあるのかなどを、過去の事例に照らして判断してくれます。

また、交渉ノウハウがあるため、示談を代理してもらえば、自分が示談交渉をするよりも有利な内容での示談をまとめてもらうことができます。相手も弁護士が間に入っていれば、専門的な知識で太刀打ちするのは難しくなるため、被害者に不利な内容の示談を結んでしまうことを防げます。そのため、後遺障害を負ってしまって何らかの対応をしてもらいたいなら、まずは交通事故弁護士に相談しましょう。

交通事故相談は街の法律事務所にしましょう

交通事故相談は弁護士に持ちかけるのが良いでしょう。事故を起こしてしまった加害者の方、そして勿論被害者の方、それぞれ双方の相談に街の法律事務所は快く応じてくれます。加害者になった場合は誰もが深い負い目を感じてしまいますが、弁護士に相談すれば客観的な目線からアドバイスがもらえます。

また被害者になった時は本人に成り代わって、慰謝料請求など、あまり一般消費者がしたくない作業を代行してもらえますので、交通事故相談は必ずプロにすべきです。酷い後遺症がなければ賠償金はもらえない等の意見がありますが、それは誤りであり、マイカー同士の衝突で生じたむちうちだけでも正当な権利を有します。

交通事故相談は弁護士が一番安心です

交通事故相談で一番多いのは慰謝料の相談です。慰謝料というのは、「むちうち」など人体に被害を及ぼしてしまった場合に痛かったり、苦しかったりする精神的な苦痛に対して支払われるものですが、その算定がとても難しく専門的です。

なぜなら、人体への損傷や痛みは外部からではわかりにくく、その上、後になって後遺症が残る場合などがあるために複雑だからです。つまり、その賠償金を単純に決めるには危険があるからです。

そんな時は、交通事故専門の弁護士に相談するのが一番です。専門なので数多くの事例を見ていますので、このケースはどんなことに注意をしなければならないか?などがとてもよくわかるからです。

交通事故の相談について

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

本サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくないコンテンツが含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産など借金問題、遺言書作成、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの優秀な弁護士(交通事故弁護士)、司法書士がいます。

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報