弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

相続手続きに期限切れってあるの?

遺産の相続手続きに期限切れというものがあるのをご存知でしょうか?案外知られていない、相続手続きの期限切れについてご説明します。相続手続きには、不動産の手続きや相続放棄の手続きなど、実は非常に細かい手続きが存在します。

それぞれの手続きは、相続が発生した日から数えて3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月といった期限が定められています。自分が相続する財産をしっかりと調べて、手続きをしないと、期限が切れてしまった場合に不利益が生じることがあります。

まずは、相続が発生してから3ヶ月以内に、相続をするかしないか、全ての財産を相続するのかということを決める必要があります。それ以降は、必要に応じて期限に注意して、相続を進めていきましょう。

相続手続きに関する問題と対処

遺産の相続手続きの際には、さまざまなトラブルに発展してしまうケースが多く見受けられるのが、現状としてあります。法律に基づいた正しい解決方法を見出すためには、弁護士や司法書士などの国家資格を持つ法律専門家へ相談することも有効的です。

無料での相談業務が受け付けられていることも多く、気軽に相談を持ち掛けられる事はもちろん、様々なアドバイスを受けるという意味でも幅広く活用されています。また、家庭裁判所の介入が必要な内容の手続きにおいても、親身に対応してもらうことができるため、困った時に頼れる存在としても有効的に利用されています。

相続手続きの内容について

被相続人にあたる人がなくなった場合には、相続人で遺産を分配することが法律によって決められています。被相続人が所有する財産によって、状況は大きく異なってきますので、何事においても早めに行動することをおすすめします。

相続手続きには3種類があり、遺言によって定められている内容や民法で定められている法定相続、被相続人全員において話し合いで決める相続方法などがあります。ケースによっても異なってきますが、多くの人が関わってくるケースもありますので、しっかりと計画立てておこなっていくことが大切になるでしょう。

相続手続きで必要な書類

相続手続きと簡単にはいいますが、その内容は様々です。不動産関係の相続、もっているものの相続、現金の相続など、どういったものを相続するのかによって手続きは全く異なってきます。銀行関係でみていくと、まずは口座の凍結、振替が必要になるのですが、これが実に大変です。

銀行では親族がいっても簡単には口座の振替はやってはくれません。まずは死亡届が必要で、故人が生前使用していた印鑑証明がある印鑑、通帳などが必要になってきます。場合によっては銀行証明自体が必要なところもありますので、事前にどういった書類が必要なのか調べておくことにこしたこありません。

相続手続きを依頼するなら…

自分の親族が相続で揉めることなく、すべての相続手続きが完了するわけではありません。もしトラブルが起きてしまったら一体誰に依頼すればいいのでしょうか?万が一、相続自体にトラブル(親族同志の争い)が起きてしまった際には司法書士、もしくは弁護士に依頼することをお勧めします。

法律に基づいた解決方法が大事になってきますので、法律に詳しい専門家に依頼するのが無難です。もし手続きの方法自体で問題が起きているのであれば、その問題に対応できる人を呼んできましょう。不動産関係でしたら司法書士、銀行関係でしたら銀行員の方…などその場その場に合わせた専門医家に頼ることが大切です。

相続手続きについて

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報