弁護士への相談!交通事故、債務整理、過払い請求など

債務整理や過払い請求など、弁護士への依頼が解決の近道です!

自己破産を司法書士に依頼するデメリットとは?

自己破産は司法書士にも依頼することができますが、デメリットが存在します。自己破産は裁判を行わなければならないため、によっては裁判官になぜ破産に至ったかの話をしなければなりません。

その時に自分ですべての受け答えをしなければなりません。司法書士はあくまで書類を代理で作成した人という扱いのため、弁護士のように依頼人の代理人となり、全ての受け答えを行ってくれるというものではありません。

破産審問の場に一緒に来てくれるケースが増えてきてはいますが、あくまでその場に一緒にいてくれるだけという存在になってしまうのです。

自己破産は最後の選択肢となる

もう借金を返済できずに困っているとか、できることなら借金地獄から解消されたいと思っているなら、最後の手段として自己破産を行います。この方法を取れば、一気に借金は減額されて、支払の義務は失われます。

どれだけ多くの金額が残っていても、借金をゼロにできる可能性は十分に出ていますが、それでも使うためにはリスクがあります。そして利用できたとしても、かなり制約が生まれるようになり、生活には辛い部分も生まれるので、必ずしも使ったことでメリットが得られると思わないことです。自己破産は、最後まで検討して使います。

自己破産は現金での生活へ

もし自己破産を行ったなら、クレジットカードやローン契約はできないと思ってください。これらの契約は、何か返済でトラブルを起こしていないかチェックされます。もし起こしていることがわかれば、その時点で利用不可能となります。

自己破産は、当然返済のトラブルと判断されますので、一般的には借りられない状況となります。行った後は、現金での買い物をしなければなりません。カードはクレジット機能を持っていないもの限定で、ローンは一切組めません。最後の手段として借金を減額する代わりに、色々な契約がしづらいことも理解してください。

自己破産は未来を考えて

これからの未来を考えて、最後の方法として行うのが自己破産です。これ以上の借金返済は難しいと考えている場合や、今後の影響を少しでも減らすために、借金を全て返済して終わらせる手法となります。

かなり利用されている方法でもありますし、多くの人が困っている場合に、自己破産という選択肢を考えています。これまで失敗していることを無に返せる、そして金銭面の問題点は一応解消できる形になります。とてもいいサービスではありますが、行っても大丈夫なのか裁判所が判断しています。この判断次第では、行えない可能性も生まれてきます。

借金がなくならない自己破産

自己破産と耳にする機会はありますが、その仕組みや条件を詳しく調べる事は中々ありません。手続き一つで借金がなくなると信じ込み、多額の負債を抱える方も多くはないでしょう。

しかし、手続きを行ったとしても借金がなくなる事は決してありません。なぜなくなる事がないのか、それは自己破産自体には、借金の返済が困難となりましたと宣言にしか過ぎないのです。つまり、申請手続きを行った後に裁判所にて免責が認められなければ、返済の義務は無くなりません。借入の際は、リスクを考慮の上で十分注意をし、返済できる範囲にて活用しましょう。

自己破産について

相談Support

交通事故の相談

相続手続き

遺言書作成

知っておきたい情報